今や情報はインターネットでやり取りする時代となり、かつては書類で作成し、相手に手渡していたものが、ファイルという形でコンピューターを使って送信されるようになりました。
PDFファイルにしろエクセルで作ったファイルにしろ、非常に重要な情報がその中に盛り込まれているのであれば、渡す方は相手を信用して送信する他ありません。
また、業務が終われば破棄してもらいたいものの、相手方に全面的にお願いするしか方法がありません。
漏洩が心配で、しっかりと消去してもらいたい情報でも、何度も消去してくれたかと確認するわけにもいきませんし、出向いて確認することもできないでしょう。
そんなときは、ファイルセキュリティの「FinalCode」を使ってファイルを作成するのがおすすめです。
「FinalCode」ではパスワードを必要としないため、パスワード通知の手間がありません。
ではどうするのかというと、開封者を限定して渡すのです。
そうすることによって、当事者以外は見られない仕組みになっていて安心です。
また、仕事が終われば消去してもらいたい点についても、アクセス制限を変更したり、あるいは渡したファイルそのものをこちら側から消去することができますので、相手次第という不安定さを解消することができます。
従来のファイルセキュリティとの違い|FinalCodeとは|FinalCode(ファイル暗号化・追跡ソリューション)

ページのトップへ戻る