どんな時代であれ、新しい商品ができれば特許申請をしておいたほうがいいです。
ただ、どのようにすればいいのかわからない人も多いのでまずは相談することから始めるべきです。
相談する相手は、もちろん特許に詳しい人物に限ります。
まず、確認することは既に特許として登録されているかどうかです。
登録されているものを申請しても、却下されるのは当たり前ですし、なにより時間の無駄になります。
誰も登録していないことが分かれば、次に考えることは特許として価値があるかどうかです。
これは第三者の意見を聞き、決めたほうが確実です。
価値があると分かったとしても、二十年くらいは持つがどうかが調べておく必要があります。
なぜならば、特許権は二十年しか持たないからです。
そのあとは、開示されるのでそのリスクも考えたうえで決める必要があります。
特許申請を専門にした事務所などもあるので、効率的に特許がとりたいならば活用したほういいです。
どんな特許をとるにしても、時間が必要になるので余裕をもってやる必要があります。

こちらをクリック

ページのトップへ戻る