入居者を集める事が不動産業において売り上げを上げる重要なポイントです。
そのためには新規物件の情報収集を行わなければいけません。
しかし、その売り上げが高ければ高いほど情報収集は困難を極めます。
また、手持ちの物件が増えれば増えるほど、物件の更新情報を毎日確認しなければならず、日常の業務に対してのウエイトが増大していき人員への負担が大きくなっていくのです。

不動産コボットはそのような企業の悩みにコミットする存在です。
不動産コボットは不動産の情報収集や情報更新を一括で行います。
ロボットが行うためその作業は迅速かつ正確です。
また、それだけではなく不動産コボットは既存のデータと新規のデータを照らし合わせ変更部分を削除し新規のデータに更新します。
削除した分のデータは別のフォルダに分けられているため万が一のトラブルにも対応できるのです。

現在、働き方改革が進められているため人員に対しての仕事の効率化が求められています。
このような局面を打破するためにはロボットなどのAI技術が不可欠なのです。
もしもこのような時代の流れに対応出来なければ、そのまま淘汰されるのは目に見えています。
激流とも言われるビジネスの流れを乗りこなすためには、不動産コボットのような存在を上手に利用する必要があるのです。

https://kobot.jp/


ページのトップへ戻る