先日、夫の急な転勤で東京へ引っ越すことになりました。
インターネットを使って物件検索をしていると、「リノベーション物件」というものに目が留まりました。
見てみると、築30年ほどのマンションやアパートがまるでデザイナーズ物件のようなお洒落でとても素敵な空間に改装されていて、キッチンやお風呂などの水廻りも入れ替えて新しいものになっているではないですか。
部屋の内装だけ見ると、まるで新築のようです。
これだけ綺麗に改装されていたら、きっと家賃も高いだろうなと思ったのですが以外にもお手頃な価格設定のお部屋が多く、初期費用なども新築物件と比べるとずいぶんお得に感じました。
最近では、「DIY女子」という言葉もあるように多くの人が自分の住まいに強い興味・関心を持ち、理想の住まいづくりの実現に取り組んでいます。
こういった背景の中で、賃貸物件のリノベーションは特に大きな役割をもち、借りる側・貸す側お互いの需要と供給がうまく成り立っているように感じます。
特に、東京などの大都市圏ではこういった特徴のある物件が年々増加傾向にあり、借り手側としては自分の趣味に合う部屋に住むことができ、貸し手側としては長期間の空室対策としてリノベーションを有効活用出来ているようです。



ページのトップへ戻る