Pマークは、個人情報について適切な保護を行うことができる体制整備が出来ている会社に授けられるマークです。
プライバシーマーク制度ともいいます。認定後にはホームページなど自社制作物に掲載されることができるので、個人情報を管理することをアピールする事が可能です。

申請前に個人情報管理について気をつけている点を明文化してルールに定めます。
コンサルタントの手で実際の実例を下に改善して、オリジナルの規定にして運用を始めます。
部署ごとに鍵付きの棚があるなどの実例を下に作成した規定を上手く運用できると申請処理に移っていきます。
新規事業の場合は、まだない規定をつくるところから始めなくてはいけないので、多少手間がかかりますが、優良コンサルト企業だけで検索できる見積り検索サイトでは、依頼先の選定が希望に応じて対応できます。
一旦申請されて、受理されると有効期間は2年間となり、そのあとは2年毎に更新が必要となります。
継続的にPマークを申請・更新することにより社員の意識も高くなり、必然と社外評価も上がっていくので、個人情報管理にとって良い制度となっているのではないでしょうか。
Pマーク申請が円滑に進むために良いコンサルタント会社と出会うこともとても重要ですね。

プライバシーマーク取得|全国対応のPマーク楽々取得一括見積り術



ページのトップへ戻る